ダニ 退治 布団

ちょっと待って!今やってる布団のダニ退治は間違いばかりかも!

 

もしかするとこれまで常識だと思っていた布団のダニ退治は間違いばかりかもしれません。

 

多くの方が布団のダニ退治として行っている事として、
以下のようなものがあります。

 

  • 殺虫剤(燻煙剤)の使用
  • 掃除機での吸引
  • 布団乾燥機・天日干し

 

 

これらはダニから布団を守る為にほとんどの人がやっていることですが、
残念ながら駆除という観点から見るとあまりにも心伴いのが現実です。

 

 

ダニ退治に効果がない理由

 

殺虫剤(燻煙剤)の使用

殺虫剤や燻煙剤はダニを死滅させる成分を配合しているので駆除することはできます。

 

しかし、布団の場合で考えると表面にいるダニだけが対象になります

 

通常ダニは、
布団を始めカーペットなどの内部に潜りこむ習性があるので、
いくら殺虫成分を使用したところで大半にダニは退治することができません。

 

また、燻煙剤などでダニを捕獲するハエトリグモも殺してしまうと、
逆にダニを増殖させてしまうリスクもあります。

 

 

 

掃除機の吸引

布団のダニ=掃除機の吸引と思われているかもしれませんが、
上述した通り内部に潜む習性があるので奥にいるダニまでは厳しいものがあります。

 

また、薄い布団の場合でも繊維に足を絡みつけることにより、
吸引で退治することは難しく、
掃除機で吸い取ることができるダニはほんの一握りです。

 

ただ、ダニの死骸やエサとなる皮脂やアカなどを除去できるので、
寄せつきにくくするという点では優秀です。

 

 

 

布団乾燥機・天日干し

どちらも布団内部の温度を上げることでダニを退治することが目的ですが、
残念ながらダニを死滅させる温度にまで上昇させることはできません。

 

 

まず布団の場合ですが、
ある実験では35度の猛暑日に天日干しを行いましたが、
ダニは数時間経ってもダニはピンピンしていることが報告されています。

 

 

次に布団乾燥機の場合です。

 

こちらですと65度の高温出すので退治できそうですが、
布団の端っこまで完全に暖めることができないので、
ダニは熱がない方に逃げ込んでしまうだけですし、

 

布団が厚い場合などは裏側に移動してしまうので、
ダニを退治するまでには至りません。

 

 

ただ、どちらも布団を乾燥させることによって、
ダニが好む湿気を飛ばすことができるので、
寄せ付けない環境という意味では重宝するものです。

 

 

【補足】車内に入れておく場合

車内に布団を入れておく方法は効果があります。

 

ただし条件があり、

  • 猛暑日(気温35度以上)
  • 日光が直接当たる場所
  • ビニール袋で完全に密閉

 

などをする必要があります。
特に布団内のダニアレルゲンは飛び散るので、
車内に充満するのには注意が必要です。

 

 

このように一般的に言われているダニ退治方法では布団まで効果がないことがあります。
そこで布団のダニ退治に対して効果がある方法をまとめてみました。

 

布団のダニを効果的に退治する4ステップ!

 

アイロンやコインランドリー

アイロンやコインランドリーの熱は非常に高温なためダニを退治するのに適しています。

 

 

アイロンの場合

アイロンの場合は布団に直接当てるのではなく【スチーム】を使用します。

 

スチームの温度は100〜200度なので、
ダニを死滅させる
ことができますし、
当て布をすることで布団の生地を痛めるのも防ぐことができます。

 

 

コインランドリーの場合

コインランドリーの乾燥機の温度は80度〜120度に設定されているので、
この温度で布団内部を温めることはダニに対して効果があります。

 

ある実験では布団内部が70度になると40分でほぼすべてのダニが死滅したという検証データがあるので、
確実に退治する為には数回(1回20分として)乾燥させる必要があります。

 

 

ただ、厚い布団や大きい布団ではコインランドリーに入りきれない場合があるので注意が必要です。

 

あなたの街のコインランドリー検索。国内最大のコインランドリー

http://www.coin-laundry-search.com/

 

布団の丸洗い

こちらは今すぐに退治できるというものではありませんが、
アレルギーの原因となるダニの死骸や糞、

 

また、エサとなるフケ、アカ、ホコリなど除去できるので、
結果としてダニに狙われる環境となるのを防ぎます。

 

 

自宅で丸洗いすることも可能ですが、
乾かすことも考えると布団が何枚もある時は大変です。

 

専用のサービスを利用することで、
ダニの死骸を完全に洗い流すことができますし、
生きたダニも高温の乾燥で死滅するので、
ダニが完全に0の状態で戻ってきます。

 

ダニ専門の布団丸洗い業者はこちら

 

つまりステップ@とAで紹介した、
ダニの駆除とエサの除去をできるので、
ダニを確実に退治したい人は布団丸洗いサービスがおススメです。

 

ダニ捕獲シート

ダニ捕獲シートとはダニが好む誘引剤によって、
おびき寄せ専用のシート内部に捕獲するというものです。

 

 

例えば今まで布団内部に潜りこんでいたようなダニでも、
シートにおびきよせて生きたまま捕獲するので、
アレルギー物質となる糞や死骸を飛散させてしまう心配がありません。

 

 

 

 

ただ、体重が軽いダニの場合ですと、
この動画のように粘着シート系の捕獲シートでは普通に歩けてしまうので、
乾燥させることによって退治できる【ダニ捕りロボ】がおススメです。

 

ダニ捕りロボの詳細はこちら

 

こちらはダニの捕獲をする検証を行っているものですし、
人を刺すダニ【ツメダニ】まで捕獲することができます。

 

防ダニ布団の導入

防ダニ布団を導入することでダニは布団内部に潜りこむことができません。

 

例えダニが寄ってきても布団表面にしかいないということは、
燻煙剤や殺虫剤を使用して退治することができますし、

 

死骸や糞が内部に溜まらないので、
掃除機を使用するだけでアレルギー物質を除去することができます。

 

 

ダニが引き起こすアレルギーには喘息、アトピー、花粉症などがありますが、
アレルギーを引き起こすと一生付き合っていかなければならないので、

 

小さいお子さんがいる家庭では、
アレルギー予防として防ダニ布団の導入を考えてみてもいいかもしれません。

 

人気がある防ダニ布団の比較はこちら